ブラック企業

ブラック企業の今と過去

どうもウエジ(@ueji0114)です。

ブラック企業に勤める僕が考えていたことを整理します。

環境改善はかなりしたと思う。

それにしても3年前は酷かったな。

3年前の労働環境

  • シフト制
  • 16時間勤務 週2回
  • ワンオペ有り
  • 深夜勤務あり
  • 勤務形態バラバラ
  • 月間残業50時間
  • サービス残業あり

うーん酷い。

まさにブラック企業!これぞブラック企業の鏡!

この時きつかったのが確か残業時間100時間くらいのシフトを組んで上長に提出して

「こりゃきついっすわ助けて下せえ」と言ったら

「50時間まで許すからなんとかして」って返ってきたこと。

その結果ワンオペと週2の16時間勤務が爆誕したんだったな。

今の労働環境

  • 完全週休2日制
  • 外回り系のお仕事
  • 深夜勤務基本無し
  • 残業時間30時間くらい
  • サービス残業なし
  • 育児休暇取得(今年度は2日間)
  • 有給使いやすい(今年度は15日くらい使った)
  • 会社携帯手放せない

かなり環境が改善してきたと思う。

特に残業時間は大きな変化で今はむしろどうやって残業つけようかなと考えてる始末。

あとは有給、育休の取得が容易になった。

これは、会社がダメだと言ってるわけではない。

むしろ有給とってね、育休とってねっという発信をかなりしてるんだけど、実際に働く人、具体的には直属の上長や周りの同僚が出す雰囲気によって変わる。

軽いまとめ

シフト制の仕事・オフィスで行う仕事

⇒業務の効率化を図っても、自由になる時間がない。

外回り系の仕事

⇒仕事の効率かを行えば自由になる時間がある。

休日関連

⇒だいたい会社が悪いわけではない。周囲の人間が悪い。

⇒自分の行動を変えれば変わる